公開日:2016/05/09

ピャニッチ47億円で獲得か

アンチェロッティ体制になり
やっぱりイタリアから呼びたいようで
ローマのピャニッチに47億円

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝でアトレチコ・マドリードに惜敗したバイエルン・ミュンヘンが、来季の補強第一弾としてローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ獲得で合意に至ったことが明らかになった。ドイツ地元紙「TZ」が報じている。ピャニッチは今季リーグ戦31試合出場で9得点10アシスト。FKの名手で、英メディア選定の現役キッカーで最高評価を手にしていたほどだ。昨季のプレミア王者チェルシーも獲得に乗り出していたが、ドイツ王者がピャニッチと年俸などで個人合意に達しているという。今後クラブ間交渉を進めることになるが、移籍金は3800万ユーロ(約47億円)に設定されているという。今季限りでバイエルン・ミュンヘンから去るジョゼップ・グアルディオラ監督は、在任中の3年間でCLのタイトルを手にすることができなかった。来季就任するカルロ・アンチェロッティ氏にとっては、「最強FKキッカー」が補強第一弾となる。(Soccer Magazine ZONE web)